他の人がスマートフォンをいじくってる中、自分はFXで取引。

他の人がスマートフォンをいじくってる中、自分はFXで取引。

昔、ある有名な評論家が言ってましたっけ。時間を上手に使えない人は、社会でも使えない人だ、と。まあ、これはちょっと言い過ぎかもしれませんが、時間を上手く使える人って、本当、素敵です。なんだかかっこいいし、ついつい憧れちゃう。ということは、自分は時間をムダに使っているのかな、なんて反省もしてますが。

 

時間を賢く使う方法というのは、人それぞれ考え方も違うし、価値観なんかも異なることがございますから、一概には言えることじゃないんですね。でも、明らかにムダな時間というのはありますね。たとえば、昼食のラーメン屋さんで順番を待つ時間。または友だちや恋人を待っている時間。これが長ければ長いほどムダと思えてしまいます。

 

それじゃ、その時間にいったい何をしてればいいのか、という問題が出てきます。前述した評論家は、とにかく本を読むことだ、と言ってました。なるほど、それは読書にはもってこいの時間ですね。納得です。でも、それはもう三十年も昔の話。今は携帯電話やスマートフォンでアプリ、というのが常識のようでございます。

 

で、スマートフォンなんかで何をするのか、という問題もありますね。多くはゲームなのではないでしょうか。今は実に多くの方がこのアプリのゲームに夢中になっております。でも、さらに上をいけば、FXなんていうものもあるんですね。そう、外国為替証拠金取引というものです。

 

FXの魅力は多々ございます。でも、今どきの方に言いたいのは、FXはスマートフォンのアプリで参加することができるということなんです。外国為替はインターバンク市場というネットワークで取引されているのですね。これは世界各国の銀行や証券会社などの金融機関が、インターネットを通じて行なっております。だから、FXの取引は24時間、いつでも世界のどこかで取引されてるんです。

 

ということは、スマートフォン一つあれば、いつでもどこでも、FXの取引に参加できてしまうということ。これはすごいですね。人気ラーメン店の行列に混じって、たくさんの人がスマートフォンをいじくってる中、自分だけがFXをしてる。なんだか素敵ですね。