一攫千金が狙えるからと言っても、FXはあくまでも投資。

一攫千金が狙えるからと言っても、FXはあくまでも投資。

こないだテレビですごく怖い特集を見ちゃいました。それは一般家庭の主婦の方が、あろうことか、旦那さんにも内緒でパチンコやパチスロにハマって、とうとう抜け出せなくなってしまうというものなんです。

 

こういうのをギャンブル依存症と言うそうで、この症状が実に恐ろしい。発熱、不眠、イライラ、妄想、幻聴、もう大変なことになってしまうとのことなんです。これはお酒やタバコの依存症によく似てますね。でも、ギャンブル依存症は、お酒やタバコの依存症よりも多くの人がなっているというのですから驚きです。

 

まあ、何も家庭の主婦だけに限ったことじゃございませんね。このギャンブルは誰が依存症になっても不思議じゃありませんから。やっぱりパチンコやパチスロは楽しく愉快に、そしてほどほどに、というのが遊びの条件なんでしょうね。

 

そういえば、パチンコやパチスロにいったいいくらくらい使うのか分かりませんが、たとえば一回に一万円使うとしてみて、それをたった三十分足らずでなくしてしまうということはけっこうあるでしょう。確かに儲けることもありますが、個人的には負けの方が圧倒的に多い。

 

ならば、その一万円をFXにかけてみたらどうでしょうか。FXなら株や先物と違い、一万円からでも充分にできるし、レバレッジというものを効かせれば、一万円の何倍もの大きな取引だってできちゃう。ようするに一攫千金が狙えるというわけなんですね。

 

ここではっきりと言いたいことは、FXはギャンブルではないということ。一攫千金が狙えるからと言っても、これはあくまでも投資なのですね。だから、胸張っていいと思います。

 

パチンコやパチスロを我慢してFXを、というわけじゃございません。両者は似ているようで明らかに違いますから。ただ、やっぱりパチンコやパチスロは依存性が強いから要注意だということ。そして、FXは可能性にも満ちていて、第一、世界情勢なんかも分かるようになるという利点があること。これが大きいです。